ログハウスキット販売・施工、森林・樹木の間伐、伐採〜木材チップ加工・販売まで桐生林業にご相談ください。群馬県、富岡市、高崎市、群馬県全域をサポート!

 
株式会社 桐生林業
ホーム 会社概要 事業案内 アクセス 施工実績 よくある質問
 
お問い合わせ・ご相談
 
事業案内
ログハウスキット販売・施工
伐採事業
環境事業
施工実績
アクセス
伐採、木材スライスチップ製造販売
ログハウスキット施工・販売・間伐

株式会社 桐生林業
〒370-2324
群馬県富岡市南後箇982-1
TEL:0274(63)2402
FAX:0274(64)4232
info@kiryu-forestry.co.jp
  桐生林業ホーム > 伐採事業
事業案内
伐採事業
林業における伐採には主伐、間伐、除伐、皆伐、捉伐などがあります。
桐生林業では特に、森林の資産価値を高める間伐や、敷地内で大きくなりすぎた庭木などの伐採(立木伐採)を承っております。

間伐事業

  群馬の森は11億8千万トンもの水を貯えることができ、この豊かな水は、東京など首都圏に住む3,000万人もの人々に利用されています。
植林して15年ぐらい経つと森林が過密になったり不良木が発生したりします。 そこで植栽木を間引く「間伐」が必要となります。山に植林された苗木は、15年くらいたつと、お互いが混み合うくらいに成長します。この混み合った状態が続くと、林の中は暗く、下草が見えない状態になり、雨によって土壌が流出しやすくなります。 雨水や土砂が下流に流れやすくなれば、土砂災害につながりますし、保水機能が低下することで渇水にもつながります。 また、混み合っていると十分に生育できないので、幹が細く経済的価値が低くなり、かつ気象害・病虫害に弱い木となります。
そこで、良質の木材を生産し、健全な森林を維持するために欠かせないのが間伐作業です。間伐することで、森林の資産価値が高まるだけではなく、広く周辺住民の生活環境を守ることができます。

■間伐前の森林の様子
間伐前の森林
■間伐後の森林の様子
間伐後の森林

  自分の山を伐採しようかと考えている方へ
間伐すると補助金がもらえることをご存知ですか?補助金制度を有効に使えば、外注費用の負担金を減らしたり、自身の日当をある程度確保することもできます。ぜひ一度、桐生林業にご相談ください。

立木伐採事業

  敷地内で庭木など大きくなりすぎてお困りの方は桐生林業に是非ご相談下さい。 このほか外溝工事一式、雨どいの掃除、庭木の剪定、除草、使用しなくなった桑の木、雑草・雑木などその場でチップ処理して下草のおさえ、無機質の肥料にしてみてはいかがですか?

各種相談承ります。お見積もりは無料です。
※一部、場所により現地でチップ処理できない場合がございます。

■チェンソーで枝を切る様子
伐採前の調査の様子
■立木伐採の様子
立木伐採の様子

株式会社桐生林業のお問い合わせはこちらへ

ページの先頭に戻る

 

会社概要事業案内アクセス施工実績よくある質問リンクサイトマップお問合せ
Copyright(C)2006 kiryu-forestry.co.jp All Right Reserved.